僕とオバパ。

だいたいFF14。メイムブラババーサク。

【FF14】LV70ID まとめ狩りメモ(随時更新)

f:id:isaomi:20170721194650j:plain

LV70IDのまとめ進行時に、どこまでまとめられるか。また、どんなところに気を付けるべきかを各ID毎にまとめていきます。定期的に更新する予定です。

 

各IDについて、1ボスまで、2ボスまで、ラスボスまでの3区間に分けて解説していきます。

 

紅蓮決戦 アラミゴ

【1ボスまで】

1戦闘目:行き止まりまで3グループまとめ。内訳は3体+2体+4体。移動距離が長いのでスプリント必須。不安なうちは2グループで止めてもよい。そのときは階段下で戦う。

2戦闘目:行き止まりまで2グループまとめ。内訳は2体+3体。レギオン・マグナローダーは突進をしてくるが、気にせずに通路端を範囲を踏まないように走り、行き止まりまで進んで追加の3体を出現させておくこと。
追加の3体をある程度削ると、追加で新たに3体のモブが出現する。

3戦闘目:前戦闘後に追加された3体のみ。直後にボス戦。

 

【2ボスまで】

1戦闘目:2グループまとめ。内訳は3体+3体。2体のXIIレギオン・アヴェンジャーの攻撃が非常に痛く、またHPも高く設定されているため注意。

2戦闘目:行き止まりまで3グループまとめ。内訳は3体+6体+3体。大量のXIIレギオン・カニスとXIIリア・ガードが押し合うため範囲攻撃を当てにくい。また、フィールドギミックがランダムターゲットの範囲攻撃を多数放ってくるので、足元に気をつけること。
キャスorレンジがPTにいれば、範囲攻撃LB推奨。これまでの戦闘で安定していなかったり、タンクのバフが残っていない場合は2グループまでで止めておいた方が良い。

 

【ラスボスまで】

1戦闘目:1グループ(3体)+魔導レーザーフィールドx2。レーザーフィールドのせいですぐに行き止まりとなる。3体を片方のレーザーフィールドのところに寄せて範囲狩り。

2戦闘目:2グループ。内訳は4体+3体。XIIレギオン・ヘクサローラーは自身を中心に大きめの範囲攻撃を放ってくるため近接は注意が必要。きちんとバフを使っていればそこまで痛くはない。
一応、この次のグループともまとめることは可能であると思われるが私は試したことがない。

3戦闘目:1グループ(3体)+魔導レーザーフィールドx2。1戦闘目と同様にレーザーフィールドのところに寄せる。

4戦闘目:1グループ(2体)。非常に硬く、範囲攻撃がうっとうしい敵。1体ずつさっさと落とす。

 

【総評】

2ボス目までは気持ちよくまとめることができるIDですが、ラスボスまでの道中が行き止まりのせいであまりうまくまとめられません。
また、ストーリーで来ている人も多いかと思うので、まとめの際は気配りをお忘れなく。

 

悪党成敗 クガネ城

【1ボスまで】

1戦闘目:行き止まりまで2グループまとめ。内訳は3体+3体。ジョウイ・キヨフサの攻撃が結構痛い。

2戦闘目:行き止まりまで2グループまとめ。内訳は2体+3体。ここもキヨフサが痛いだけ。

3戦闘目:1グループのみ。2戦闘目が終了すると同時に出現。行き止まりなのでその場で処理。

 

【2ボスまで】

1戦闘目:行き止まりまで2グループまとめ。内訳は3体+3体(+1体)。2グループ目に口寄せ忍者がいるため、追加のモブが1体沸く。下手に口寄せ忍者に攻撃を集中させずに満遍なく範囲攻撃していればよい。

2戦闘目:行き止まりまで2グループまとめ。内訳は3体+3体(+1体)。1戦闘目と同様に口寄せ忍者がいるが気にせず範囲攻撃して口寄せさせてよい。

3戦闘目:1グループのみ。2戦闘目が終わると同時に出現。口寄せ忍者が3体出現するので、1体に絞って攻撃し口寄せされる前に落とす。残りは普通に範囲攻撃。近接LBがあれば口寄せ前に2体忍者を落とすことも可能。

 

【ラスボスまで】

1戦闘目:2グループ。内訳は3体+2体。ハラキリ・ハンニャは一定以上のダメージを食らうと自爆攻撃を詠唱し始めるが、そもそものHPが低いため、しっかりと範囲攻撃を打っていればとくに集中攻撃させる必要もない。心配ならば、詠唱を始めのをみてから集中攻撃するだけでよい。キヨフサ2体が結構痛いのでここでバフを使い切るつもりでもよい。
この次のグループまでまとめることも一応可能。ただめっちゃきついし面倒なので非推奨。試させてくれたヒラさんにマジ感謝。

2戦闘目:1グループ。戦闘開始すると継続して敵が新たに沸くので、まとめると面倒。行き止まりなのでその場でやる。

 

【総評】

戦闘開始後や戦闘終了後の追加モブが多いため、面倒なID。だが、まとめるところはしっかりまとめられるのでそれなりに楽しい。

 

 

壊神修行 星導山寺院

【1ボスまで】

1戦闘目:1グループ(+壁)。クァールは壁のところまで連れていき、範囲攻撃が当たるように誘導。壁を破壊するとモスモスが3体出現する。先に壁を集中攻撃してモスモスを沸かせてもよい。

1.5戦闘目:1戦闘目の苔の壁を倒すと、テンプル・モスモスが3体出現。その場で倒してもよいし、前後のまとめに合わせてまとめてもよい。1戦闘目で倒したい場合は、苔の壁に1マーカーを振り、先に倒してもらえるようにしよう。

2戦闘目:2グループ(モスモスもまとめる場合は3グループ)。階段の上まで。苔が爆発しない位置で適当に戦う。一応、一番奥のクァールまでまとめることも可能だが、危険性はかなり高いので、野良では階段上までで止めることを推奨。

3戦闘目:1グループ(+壁・追加多数)。苔の大壁まで。苔の大壁は一定ダメージ毎に追加のモスモスを出現させるので、先に壁から殴ってモスモスを出現させきった後、一気にまとめ狩りすると良いと思います。

 

【2ボスまで】

1戦闘目:3グループ。ダンシング・ベアーの先にいるドブランまで。かなり大量の敵をまとめられることが出来る上、ドブランの攻撃はさほど痛くないので、暗黒は最高に気持ちよくなれる。
この先の2体もまとめてもよいと思うが、移動時間が長くなるため、移動中の被ダメージが多くなるのと、敵が押し合って上手くまとめられないかもしれない。

2戦闘目:1グループ。1戦闘目でまとめていない場合は2体のみを単体で削る。さっさと落とすために、マーカーを振ろう。

3戦闘目:3グループ。行き止まりまで。ここは雑魚の出現の仕方が少し特殊なので、上手く範囲ヘイト技を当てるのが難しいかもしれないが、とにかく先頭を走っていればターゲットは向くので、行き止まりまでたどりついてから落ち着いてヘイト技を使えばよい。普通のPTであればここでLBが溜まっているので使ってよい。でも早いときは足りないかもしれない。

 

【ラスボスまで】

1戦闘目:2グループ。行き止まりまで。ここから先は爆発する玉が非常に鬱陶しいが落ち着いて対処すれば問題ない。

2戦闘目:4グループ。1+3+1+3の計8体。非常に攻撃の痛い8体になるので、よっぽどヒーラーと自分の腕が信用できる場合でない限りは2グループずつに分けたほうがよい。爆発する玉もあるため、足元範囲に気をつけながら戦おう。

 

【総評】

まとめようと思うとかなりまとめられ、攻略時間も大きく短縮できるIDです。ですが、その分ヒーラーの負担がかなり大きくなりますので、PTメンバーの実力を見極めながらどれくらいまとめるか考えて進みましょう。