読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕とオバパ。

だいたいFF14。メイムブラババーサク。

【FF14】天動零式4層踏破の感想とマクロの話

先日、ようやく天動零式踏破しました!

f:id:isaomi:20161213153020j:plain

 

起動律動はどちらも現役での踏破は叶わなかったので、達成感がありました。

とはいえ、挑んだ回数でいえば、全部合わせて約15セットくらいだったかな…?

 

3層突破後6、7週後のクリアだったけれど、実際は週の練習回数0or1回の週が4週くらいあったので、本格的に練習したのは最後のクリアした週くらいだったような気もする。

クリアした週はずっと未コンプコンプ目的で出し続けてたんだけど、これがなかなかクリアできず。

懺悔まで行けてもコミュニオンの捨て方がわかってなくて全滅、ホーリーバーストで戻しきれなくて壊滅などなど。

もうほとんどクリアは見えてるのにそのあと一歩が遠いって状態でした。

 

RFで出会って残り数%まで到達したもののクリアできなかったPTでは、解散する前に「同じ鯖じゃないですよね?」なんて会話があったのはいい思い出w

 

結局みんなやっぱり別々の鯖だし、一人はトンベリの外人だったっていうw

 

あそこで同じPTだった人たちは超えられたんだろうか。超えれてるといいなぁ。

その外人さんは、おそらく日本語はわからないんだろうけど、散開位置ちゃんとマクロに沿って宣言してたり、分からない部分は定型文つかって聞いてたりして好感がもてた。

完全に日本語わかりませ~んな状態の人も中にはたくさんいるけれど、クリアするためにちゃんと努力してくれる外人もいるんだなぁとしみじみ。

 

1~4層までRFとPT募集で頑張ったけれど、15分解散があたりまえなんて言われてるRFでも90分しっかり練習して、おつかれさまでしたーって言って終わる、なんてPTにも何度も遭遇した。

 

なんだかんだで、今回の零式はほんとに良い調整だったかもしれないね。

がんばった分だけ結果につながる難易度は素晴らしい!

 

ただまあ、今回はもうやることない現象になる人続出だよねぇとは思う。

かくいう自分も、もう死者の宮殿くらいなもんだし…w

 

まあダラダラと続けていければいいですかなぁ。

 

____________________

 

■天動零式4層 マクロの話

まず、マクロに関しては基本的に、ぺころぐさんとこで紹介されてるアレを使ったほうが良い。

なんでかってと、RFに来てるメンバーがアレに慣れすぎている。

 

あのマクロ、僕はあまり好きじゃない。そもそもジョブ指定型のマクロはRFとか募集で使いにくいし、近接の停止1とタイムゲート・懺悔に入る方向が違うし。

 

でも、あのマクロを使わないと、脳死で動いてる人たちがいるのもあって事故率はかなりあがります。

 

ちなみに、あのマクロはコミュニオン捨ても近接外、遠隔内なんだけど、ここも微妙なところ。

自分はここだけ北内側、南外側って定型文で書き換えました。

 

書き換えた部分とか、怪しい部分はマクロ流した後に再度注意しとくのをオススメします。

 

ちなみにあのマクロ、英語verもあるので、もし日本語読めない人に出会った時のために一応持っておくのもありかもしれない。

 

jp.finalfantasyxiv.com

 

英語も読めない人に当たった場合?

詰みです

 

【FF14】RFで行く天動零式1・2・3層戦士的感想

こんにちは。現在4層挑戦中ですがいまいちモチベがあがりません。

そんなわけで(?)、1~3層でも振り返ろうと思います。

 

1層

STもMTも両方経験したけど、やっぱSTのほうが緊張感はある。

最初の頃はマクロとか流してたけど正直意味ないなぁって思って今は流してません。

1層は外人と当たろうが関係ないから楽でいいよねぇ。

 

あと、STでもDPS超出るから気持ちよくなれる層だった。

青玉もってるDPSがウロウロする人だと崩れることが多かったかなぁ。

もう、場所決めたら誰かに重なったとしても絶対動かないマンになったほうがよさそう。

 

玉運びは覚えてさえいれば別に焦る必要もないし、覚えてなくても意外となんとかなる。

MTの立ち位置が変だと詰むからお祈りするしかなかった。

 

 

 

2層

ST的には、まず一番最初のマーカーを、MTが無敵技で受けるのかどうかがわからないところがめんどくさい。

まあ暗黒ならたいてい使うけど、ナイトだと使ったり使わなかったりだから、マーカーついた瞬間の挑発意識しないと事故るね。

あと、後半の狙い目受け渡しが、上側の3列なのか下側の3列なのかがわかんなくて死んでいく雑魚が多数いるから、できるMTは北側に誘導したほうがいい

 

でも、北側に誘導するマクロを流したのにMTが誘導しなかった時が一番混乱するから、マクロはMT位置基準にするのが安定だなぁと思った。

2層のマクロは散開図だけで済む感じだからいいよね。外人混じっても何とかなりそうだし。

2層はボスを持ってる時間が長いから、タンクでDPS出そうとするとヒーラーに負担かかりやすい気がしなくもなくもなくもない。

 

 

 

 

3層

ここからまず辛いのがマクロ。変なマクロが流れた瞬間にクリア率がダダ下がりする。

やはり、RFで行くときに注意するべきはマクロをシンプルに、わかりやすくするというのが大事だなと改めて思わされた層だった。

吉田が、ちゃんと処理をしたほうが楽だと言った結果おこめ式が流行ろうとしたけれど、やっぱりRFはぺころぐ式で来る人ばっかりだし、そもそもRFにおこめ式を理解している人なんていなかった。

塔を残す方式は、固定か募集でしか通用しないので注意ってとこですな。

 

戦士的には、3層は出荷枠に等しかった。前評判だと、DPS出しにくいとか聞いてたけど、最終フェーズギミック処理で離れなきゃいけないタイミングもほぼわずか。

まあ、ほかの層と比べて数値が落ちるのは確かだけど、そこは他のDPSも一緒だし、相対的に見ればそこまで出ないってことはないと思う。

ラピスフェーズはバーサクと防御バフがほんとに綺麗に噛みあうし、ラピスのタゲ変えながらでもしっかり9回振れてとても気持ちいいね。

 

塔フェーズ頭の離れるやつは、ヘヴィ→メイム→ブレハ→フラク→ヘヴィ→メイム→ヴィントまでいれてから離れても間に合うから、殴れない時間は実質3WS分くらいかな?

なんにせよ、STだと防御バフ合わせるタイミングもそこまで気使わなくていいし、振り返ってみると意外と気楽にやれた気がするね。

 

 

 

4層もがんばらなきゃなぁ…

【FF14】CF向け起動零式4層マクロ(日英両対応)

マクロ欄がぎちぎちなので置き場です。

 

 /p 【ディスコイド/Discoid】 [← H1|H2 →]
/p 【ドール/Adds】西←D1 南↓D3 東→D2 
/p  雑魚は20%程度削って中央へ
/p --------------------------------------------
/p |  《BOSS》
/p |
/p |   A A
/p |    B           C
/p |   B C
/p |
/p 【スチームジャッジ/Royal Pentacle】
/p 1回目: ST  D4  D2
/p 2回目: ST  D4  H1 →ヒーラーリミットブレイク
/p 3回目: ST  D4  H1

 

正直、時間切れになることはまずないので、ジャッジをわざわざヒーラーにとらせる必要は ないです。DPS足りてるなら近接LB3打てばジャッジ1回目でおわります。

 

↓こうなります

f:id:isaomi:20161015150337p:plain

料理の味を知的に伝えたい

最近、鯖好きの彼女から僕の料理の感想があまりに稚拙であるとの指摘を受けました。

確かに、僕の料理の感想といえば「うまい」「これはおいしい」「神の食べ物」「米と食べたい」

だいたいこれくらいです。

 

今まで何も考えてなかったけど、このままではただ美味しいと言うたびに笑ってしまって食事になりません。

だから、料理に対しての語彙力を身に着けようかと思いました。

 

料理に対する感想といえばやはり某グルメリポーターの「味の宝石箱や~」でしょうか。

さすがに丸パクリは良くないと思います。ここはひとつ「味のジュエリーボックスや~」でどうでしょう。

こっちのほうがどうかとおもいました。

 

まあしかし、冷静に考えてごはんの感想って難しいなと思いました。

本当に美味しいと思ってはいるのだけど、ただ美味しい!というだけでは足りないときもあります。

というか僕は舌バカなところがあるので美味しそうなものはだいたい美味しいんです。

だから毎回おいしい!って言っちゃうんです。

この感情を他の言葉で言い表せられるのか? いや、言い表せない!

やっぱり、おいしいってのが最大の褒め言葉なんだ!

そうだ!うまいでいいんだ! うまいうまい!!

 

めんどくさくなって投げやりになりました。

冷静に、○○が効いてて美味しいね、みたいな分析ができる男になるにはまだもうしばらく掛かりそうなので、やっぱり別の方向性を見出すべきかもしれません。

 

話は変わるのだけど、カレーっておいしいよね。

米との相性ランキングでいえばやっぱりTOP5に入ると思います。

でも、この美味しさをどうやって表現しようかって思うと、やっぱり美味いしか出てきません。

グルメのプロはどう表現するんでしょうか。パンチがあって…ってよく聞くけどパンチってなんですか。

 

僕は雑魚です。

僕に残された道はやはりストレートに表現することだけです。

うまいものにはうまい!まずいものには美味しくない!

堂々と言っていこうと思います。

SABARという鯖の店、神の店

先日、鯖が大好きな彼女と共にSABARという鯖専門店に行ってまいりました。

sabar38.com

僕は鯖はほどほどに好き、というレベルでしたが…
このお店の鯖はそれはもううまかった!

 

いままでの人生で一度も食べたことのないおいしい鯖でした。

そんなわけで写真を交えて振り返り。

 



f:id:isaomi:20160929181133j:image
いろんなところに鯖へのこだわりが伺えるこの店。

ランチョンマットにはSABARの歴史的なものが書かれていて、割りばしには可愛い刻印が打たれてました。

お店にいたときは気づかなかったけど…後ろのサバリーマンってなんだ?w

 

 


f:id:isaomi:20160929181147j:image

まずはお通しの一品目 なめろう

まずこっから超うまい。ご飯にのっけてむしゃむしゃ食べたい。

 

 


f:id:isaomi:20160929181159j:image

そして二品目からクライマックスだった。鯖のお刺身。

鯖のお刺身なんて今まで生きてきて始めて食べたけど…これが最高にうまかった。

鯖の脂が…なんて上手いことはいえないけれど、今まで食べたお刺身の中で一番美味しかった。

 

 


f:id:isaomi:20160929181242j:image

こっちは鯖の塩焼き。焼いたお野菜と一緒に出てきた!

野菜があまり得意でない僕。美味しくいただけるかな…と一瞬不安に思ったけれど、食べてみたら全然だいじょうぶだった。

お野菜との相性も抜群だったし、大根おろしとポン酢で食べたらもう最高!

皮もパリパリで、とっても美味しかったw 米と一緒に食べたくなります。

 


f:id:isaomi:20160929181252j:image

 こっちはコースと別で頼んだへしこ。

人生初のへしこだったけれど…これは僕は食べられなかったw

酒の肴には最高なんだろうなぁ…という一品でした。

 


f:id:isaomi:20160929181300j:image

中盤のここで鯖のオニオンサラダ!

個人的に、オニオンサラダってあまり得意な方というか、ダメなやつに当たると食べれないのだけど…

これはしっかりドレッシングと鯖の味が絡み合っててとても美味しかった!

鯖をこんなにサラダに使っちゃうなんて、贅沢だなと思わされる一品でしたw

 


f:id:isaomi:20160929181311j:image

 これもコースとは別で注文した鯖の串揚げ!

ソースに軽くつけて食べて…口に広がる鯖の味!

熱々でサクサクで…まあそりゃ美味いよねぇ…っていうw

 


f:id:isaomi:20160929181319j:image

 こっちはコース料理、鯖の唐揚げ!

こっちも、外はカラッと揚がっているけれど、中の身はぷりぷりで、本当にご飯と一緒に食べたくなるお味でしたw

 

 


f:id:isaomi:20160929181332j:image

そして〆の一品、二品のうちからどちらか一品選ぶ方式で、その一つ漬け丼!

 コース終盤にして初めての米!やっぱり最高の組み合わせでしたねこれは…

ただ、ここらでもうお腹の限界が近づいていて、もっと食べたいのに、苦しい!っとなっていましたねw

もっと食べたかったなぁ…おっきい丼でこれ一品食べたいくらいに美味しかった!

 

 


f:id:isaomi:20160929181342j:image

 〆の一品のもう片方、鯖寿司!

これも、また最高に美味しかった!

もうそれしか言えないですw 米x鯖is GOD。

 

 


f:id:isaomi:20160929181116j:image

 

最後のデザートはバニラアイスでした!

まあ普通のバニラアイスなんだと思うけど…最後に優しくいただけましたw

 

 

 

 

約1時間、みっちり鯖天国を味わって参りました。

ずっと鯖を食べてて飽きるかな?という不安もあったけど、鯖という一つの食材から色んな料理が作られていて、どれも楽しく美味しかった!

 

ただ、鯖の脂がすごいので、ウーロン茶が必須でした!

ウーロン茶は飲み放題にしてほしいとさえ…それか水のピッチャーを…w

 

次行ったときは、鯖のひつまぶしとか食べてみたいなぁ

まだまだ食べたいメニューがたくさん! また行ってみたい!